2021.03.12

内装・リノベ「健康経営」を知っていますか?「健康経営」の概念を徹底解説!

「健康経営」を知っていますか?「健康経営」の概念を徹底解説!


新型コロナウイルスの影響により今までの生活が一変してしまったいま、改めて見直されているのが「健康経営」です。
人々の健康意識が大きく変化した今だからこそ、企業もこれまでの健康に対する取り組みを見直すときが来たのではないでしょうか。企業の必須課題である従業員の健康を守るために、これからは「健康経営」を実践してみませんか?


健康経営とは

健康経営とは



経済産業省が定めるガイドラインによると、健康経営とは「従業員等の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践すること」です。

多くの会社は健康診断を定期的におこなう、医務室や常備薬などの設置などは実践しているでしょう。では、これまでやってきた上記のようなことと、「健康経営」とは何が違うのでしょうか?

答えは「経営的な視点で考え、戦略的に実践」しているかどうかの違いです。

健康診断の実施や医務室・常備薬の設置は、受け身の健康管理対策であり根本的な健康問題の解決にはつながりません。また、企業としては経費がかかることばかりで、利益アップにつながるとは考えにくいのではないでしょうか。

しかし、従業員の健康を守る=生産性向上=企業の利益アップという視点で健康問題に取り組む、つまり他の経営戦略と同等に健康問題に対処することで、従業員一人ひとりの生産性向上はもちろん、企業のイメージアップにもつながり、優秀な人材の獲得や離職率の低下などが期待できます。

そうした経営戦略を「健康経営」とよび、従来の推奨や任意といったものではなく、戦略・計画的に取り組む経営手法になります。

健康経営に積極的に取り組み成果が表れていると認定された企業は、経済産業省から「健康経営銘柄」に認定されます。また未上場企業や医療法人等の企業の場合は「健康経営優良法人」として認定される制度もはじまっています。

これらの認定を受けた企業は、業績向上や株価向上が期待されますので、企業にとっても従業員にとっても、健康経営をおこなうことはメリットが多いといえます。


健康経営への取り組み方

健康経営への取り組み方



健康経営といっても具体的にどのようなことに気をつければいいのでしょうか。またオフィスができることはどのようなことでしょうか。

経済産業省が提唱している「健康経営オフィスレポート」では、健康を保持・増進する以下の7つの行動があるとされています。

・快適性を感じる
・コミュニケーションする
・休憩、気分転換する
・清潔にする
・適切な食行動をとる
・体を動かす
・健康意識を高める

今回はこの7つの行動の中でコロナ禍のいま、できることや重要なこと4つにフォーカスを当てて解説していきます。


快適性を感じる



メンタルヘルスの不調や、身体の感覚不調を防ぐ効果があります。快適性とは、光や感触など目に見えるものから、音や臭いといった目に見えないものまで幅広いものが含まれます。

それ以外にもパーソナルスペースの有無や、空気の循環なども快不快を決める要素であり、企業として取り組むべき課題です。

従業員にあったオフィス家具をそろえる、空調やサーキュレーターを利用して空気の流れをよくするなど、従業員それぞれが快適だと思える環境を整えることで快適性を感じる職場へと変化させましょう。


オフィスができること



メンタルケアや職場環境の改善は、企業にとっては必要不可欠です。職場での過度なストレスはあらゆる不調の原因となり、最悪の場合は離職に繋がることも。

毎日快適に仕事ができるように、休憩スペースを設けたり、アロマを流したりしている会社もあります。また、従業員のメンタルを把握するために定期的にストレスチェックを行ったり、産業医と面談を行ったりすることも効果的です。

また、昼食後なかなか集中できずに眠気が襲ってくる、なんてことはよくありますよね。そこでパワーナップ制度といった仕組みを取り入れている会社もあります。

パワーナップとは昼間の短時間の仮眠のことで、これを取り入れることで集中力がアップするといわれています。仮眠スペースを設けたり、パワーナップ中であれば自席で寝ても問題ないような仕組みをつくれば、気兼ねなく昼寝ができる環境になります。



清潔にする



手洗いうがいはもちろん、コロナ禍のいまは消毒液や検温機などの設置も行うことで、新型コロナウイルスだけでなく、インフルエンザなどの他の感染症も防ぐことに繋がります。

会社というのは、多くの人が集まり一緒に動くため、感染症が広がるリスクが高い場所ですので、安心して働ける場所を提供することは健康経営には欠かせないものです。


オフィスができること



手洗いうがいの啓蒙活動や出入口の消毒液・検温機の設置はもちろん、感染症を防ぐためには社内の換気も重要です。

1時間に1回は窓を開けて換気をする、空気清浄機を設置するなどが効果的です。社内はどうしても空気がこもりがちですので、意識的に空気の入れ替えを行うといいですね。



体を動かす



長時間座ることは、血流や筋肉の代謝を低下させ心筋梗塞、脳血管疾患、肥満などを引き起こします。また座っている時間が長ければ長いほど健康リスクが上がるという研究結果もあり、日本人の平均座位時間は1日7時間で世界最長の時間です。サラリーマンが多く、そのほとんどがデスクワークである日本では当たり前の結果といえるでしょう。

座りっぱなしを防ぐためには、昇降式デスクを採用したり、立って会議するスペースを設けたりすることで強制的に立つ機会を設けるといった方法がおすすめです。


オフィスができること



ジム利用料の補助制度を作ったり、ジム自体を会社に併設したりしている会社も。

ジムを作るといってもスポーツジムのようなマシーンを何台も用意する必要はなく、すこし体を動かすスペースを設けるだけでも大丈夫!バランスボールや足踏みステッパーなど準備しやすいものを置いておくと、さらに運動効果が期待できますよ。

そのようなスペースが確保できない場合は、いまある机のいくつかを立って作業できる机に変更するだけでも体を動かすことにつながります。机やオフィス家具の配置を工夫して意識的にオフィス内を歩くような設計にするのもいいですね。すぐにできることばかりですので、業務に支障が出ない程度に実践してみてはいかがでしょうか。



健康意識を高める



毎日の体調チェックは、さまざまな心身の不調を未然に防ぐことに繋がります。しかし、日々忙しく働いていると自分の健康状態に気を遣うことが難しくなりますよね。

急に発病し会社を長期間休む、なんてことが起きないようにするためには、従業員の健康に対する意識を高めることが大切です。そのためには、毎日気軽に自分の状態を把握できるようなシステムを作ることが効果的!

たとえば、血圧計や身長体重計の設置、会社携帯電話に健康アプリをダウンロードし活用させるなど、日常の業務のついでにできるようなことがおすすめです。


オフィスができること



日々の健康は毎日の食事が大きく関係しています。ですが、仕事が忙しいとつい食事がおろそかになりがちですよね。とくに独身の場合は、食生活が乱れがちです。コンビニや外食もたまにはいいですが、毎日となると栄養バランスが崩れて体調不良の原因となります。

そんな従業員が多い会社におすすめなのが、お弁当やデリバリーサービスの活用、社内カフェエリアの設置です。外に食べに行く時間も短縮できますし、社員同士のコミュニケーションも増えるので、ストレス発散やリラックス効果も期待できます。野菜多めのお弁当などを選べるようにすれば、野菜不足も解消できますね。

スペースや予算の余裕があれば、食堂の設置も検討してみるのもおすすめです。自社で食事を提供することで栄養バランスの取れた食事を用意できるので、従業員の食生活が格段に改善されるでしょう。



健康経営についてまとめ

まとめ



健康経営は不健康にならないための経営ではなく、ベストコンディションで働く、もっとバリバリと働くための経営です。従業員の健康を向上させることは、最終的に企業にとってもイメージアップ優秀な人材が集まるなどメリットだらけです。

健康経営には企業が率先して従業員を巻き込んでいく必要がありますが、ただの指示だけで従業員の意識を変えることはとても難しいですよね。
しかしオフィス内装やインテリアを少し工夫するだけで、健康に対する従業員の意識を変えることができるとしたらどうでしょうか?小さな変化でも毎日続けると大きな変化をもたらします。

いまの会社でできる「健康経営」を始めてみませんか?

健康経営に繋がるインテリアやオフィス設計、その他オフィスに関することでしたら、なんでもご相談を受け付けます。ぜひミライズワークスまでお問い合わせください。