2018.11.29

オフィス移転風水でオフィスの運気と仕事の効率UP!?今日から誰でもできる!簡単なオフィスの風水術

オフィスに花を

弊社はオフィスにとってこそ風水が大切であると考えます



風水とは、古代中国で始まった、気の流れをモノの配置や方角で制御する思想です。
家の建築やインテリアコーディネートなどに、近年よく使われている思想ですが、オフィス移転のオフィスレイアウトにおいても大事にされているお客様も少なくはありません。
風水を整えることでオフィスの居心地もよくなり、政争や退職などのトラブルも減り、会社の業績も上がる、と一般的には言われています。


風水は大切だが、過剰に敏感になるのも注意



しかし、過剰に風水を気にして、方角や配置を気にしすぎてオフィスの使い勝手や動線が悪くなってしまっては元も子もありません。
風水を気にしすぎて、業務の動線や作業の非効率を生み出している現状の会社様の例も沢山聞きます。
全てを完璧にするのではなく、業務効率とのマッチングもある程度必要になります。


まずは自席や身の回りで簡単にできる風水を



確かにオフィス環境にも風水を取り入れたいところですが、風水を参考にして費用をかけて大きい工事をして失敗をしても大変です。
まずは、身の回りで簡単にできる風水から始めて、自席の周りから空気を良くしていきませんか?



あっという間にできるオフィス風水術をご紹介!



そこで今回は、今日からできるオフィス風水術をご紹介します!
オフィス移転やレイアウト変更、日々の習慣のご参考にしていただけましたら幸いです。



風水術1.観葉植物で生気を養う



観葉植物のもつ生気は運気も育ててくれる効果があります。
上に向かって伸びていく植物は社員の士気や業績を向上させてくれる効果があるそうです。
視覚的にも癒やし効果があり花のある植物だとより運気がアップすると言われています。
デスク周りや風水的に良くない、といわれるオフィスの角などに置いてあげましょう!



手間がかからない観葉植物のおすすめはパキラ


パキラは発財樹とも呼ばれており、仕事運アップや金運アップに良い、と言われております。
また、水をしっかり与えていれば手間もかからず、育てるのも非常に容易です。
パキラをまず手始めにオフィスに置いてみてはいかがでしょうか?



風水術2.モノを溜め込まない、置いたままにしない


デスクの上をきれいにすると仕事運が上がる?



デスクの上に書類を溜め込んだり、仕事に関係のないものを置いていると視野が狭くなったり、仕事運が下がってしまう、といわれています。
それはなぜでしょうか?単に道徳的でない風水的な意味はあるのでしょうか?



まず、デスクの上が散らかっていると、必要な書類や道具が素早く見つけられず、業務効率、生産性が下がってしまいます。
本来、使わなければいけない業務に、その「探す」という時間が侵食し業務時間そのものの長時間化も懸念されます。
顧客開拓やクリエイティブなことに使わないといけない脳に、無駄な負担を与えてしまいます。


また、その都度「書類を探す」という行為を繰り返していると、見つからないイライラから、精神的疲労も溜まってきます。
「チリも積もれば山となる」というように、時間や体力などのリソースが気がついたらとんでもない量になっていることも少なくありません。


フリーアドレスやペーパーレス化での整理整頓の習慣を!



弊社では、オフィス移転の際などはフリーアドレス化をして個人席を廃止し片づけを促したり、ペーパーレス化を促すことをおすすめします。
最近のトレンドである、こういった「オフィスの公共化」という流れは、会社の事情だけではなく、個人の働き方のブラッシュアップにも効果的である、と言えますよね。
「整頓なんてめんどくさいなあ・・」とお思いの皆さん、デスクを整理するだけで、職場や仕事でのいろいろなお悩みが解消するかもしれません。


バッグを床に置くのは、運気が下がる?



バッグ等、「動」の力を持ち、財布など金運を司るモノを入れるものを床に置くと、風水的に悪く運気が下がると言われています。
ロッカーに入れるか、デスクにフックを掛ける等、床には置かないようにすることが、運気のアップにつながります。



風水術3.仕事に使う小物も気に入ったものを使う


文房具や事務用品にこだわると運気が上がる?



普段オフィスで使用する小物類、ペンや事務用品等、備品にもこだわりをもちましょう。
事務さんに支給をお願いしてそのままそれを使っている方が多いのではないでしょうか?
使えればいい、という姿勢で自分の仕事道具を選ぶのではなく、自分で選んで気に入ったものを使うことで運気を上げてくれます。
自腹の購入にしてもなお、メリットが大きいかもしれない、「自分で選んだ文房具を使うこと」是非試してみてください。


鏡を自分のデスクに置くことの意味



「鏡」は、気の流れを変える力を持っています。鏡や反射するものをデスクに置くことで自分に向けられる攻撃的な気を反射してくれます。
苦手な上司や同僚のいらっしゃる方、社内で攻撃が向けられがち、と感じている方は試してみてはいかがでしょうか?


風水術4.自分にあった色を持ち物や服装に取り入れる



風水に置いて方角の他に重要なものは「色」です。
先程ご紹介した小物や身に付けるもの、またオフィスの壁紙や什器(こちらは工事になりますが)などの「色」にも気を配りましょう。


赤は情熱を表すが、他人との衝突に注意!



例えば赤は火の気を持ち仕事・ビジネスにおいては重要な色と言われ、ひらめきや積極性を高めてくれます。
しかし、火の気が多すぎると人との衝突が生じてしまいます。
怒りっぽい人は赤いものばかりもつのではなくポイント使いや代わりに気持ちを落ち着かせる青を取り入れましょう。


風水術5.物質の材質にも風水的効果が?金属と木の違い



色と共に風水に大切だと言われているのが、持ち物の「材質」です。金属製の製品は意志力、集中力に良いとされ、木製の製品には対人関係を安定させてくれると言われています。
特徴を把握しバランスよく持ち物を構成しましょう。


プラスチック製品はダメなのか?



よく百円均一ショップなどで、プラスチック製の収納文房具が売っていますが、風水的には良いのでしょうか?
「プラスチック」は気の循環を早めるといわれ、風水的にあまり良いとされていません。可能であれば、陶器や木材などの自然素材が入手できればそちらをおすすめします。


せっかく日が当たるのにブラインドを閉めているのはもったいない!



風水にとって、「自然光」「太陽光」は大変大切な要素、と言われています。
せっかく日が当たるオフィスにお入りになっているのに、ブラインドを閉めっぱなしの会社さんが多いのは気になるところです。はっきり言ってもったいないです。
オフィスが暗いと運気も下がってしまいます。ブラインドやカーテンは閉めっぱなしではなく自然光を取り入れましょう。


窓を開けるのも大事ですよ!日当たりと共に大切な風通し



窓も開けて風通しも良くすることで気の流れを良くしましょう。
なかなかオフィス街ではブラインドや窓を開けにくいこともあるかと思います。
その場合は空気清浄機や新しく照明を取り入れて、明るく清潔なオフィスにしましょう!




窓を開けられるオフィスは開けましょう

働き方の変革はまず、個人個人の習慣の見直しから


ちょっとした習慣で、御社のオフィスやあなたの働き方が変わります。まずは簡単にできることから、始めていってはいかがでしょうか。




最後まで読んでいただきありがとうございました!
今回は今日からでもできるオフィス風水術をご紹介させていただきました。

オフィスのことならプロにおまかせ!なんでもご相談ください!



オフィス移転や空間デザインについて、オフィス移転プロジェクトマネジメントのプロだから分かるノウハウや、
今すぐできるお役立ち情報などをご紹介しています。



東京・大阪のオフィス移転、ご開設のご相談はミライズワークスへご相談ください!




株式会社ミライズワークス
TEL:0120-658-777